もっと楽しく 仙台発・大人の情報誌 りらく

りらく最新号 2017年1月号

特集1

若い力が担う宮城の酒

特集2

寒さを吹き飛ばす
あったかおでん

若い力が担う宮城の酒 寒さを吹き飛ばす あったかおでん
もっと楽しく 仙台発・大人の情報誌 りらく

「りらく」は地域に密着した大人の生活情報誌です。宮城県を中心とした地域の「食」や「旅」を切り口に、「人」にスポットをあてた編集誌面でアクションのきっかけ、生き方のお手本となるような大人のための情報を提供しています。

2017年01月号 vol.221 特集
若い力が担う宮城の酒
  • 川敬商店 美里町
  • 蔵王酒造 白石市
  • 内ケ崎酒造店 富谷市
  • 中勇酒造店 加美町
  • 新澤醸造店 三本木町
  • 和酒バル 二喬 青葉区昭和町
寒さを吹き飛ばす
あったかおでん
  • GocchoSunーごっちょぉさん 青葉区中央(パルコ2)
  • 金沢おでんと日本海料理 加賀の屋 青葉区国分町
  • おでんと炭火やきとり ぶぶや 青葉区大手町
  • SAKE・肴・おでん 渡辺商店 若林区新寺
  • 福美味 青葉区国分町
  • 立ち呑み おでん処 つみれや 青葉区中央
  • おでんやCHIBA 青葉区立町
閉じる
りらくインタビュー
岩本 政郁(いわもと まさふみ)

岩本 政郁(いわもと まさふみ)

東北学院・地塩会 会長

2016年に創立130周年を迎え、中学・高校・大学を合わせた卒業生は実に約18万人にも及ぶという、東北地方で最大の私学・学校法人東北学院。その数ある同窓会組織の中でも、「地塩会(ちのしおかい)」は地元・宮城県内の経営者で構成され、ひときわ存在感を放っている。

閉じる
顔語り
内田 浩二(うちだ こうじ)

内田 浩二(うちだ こうじ)

仙建工業株式会社 代表取締役社長

国鉄、そしてJR東日本で長年にわたり、線路やトンネル、橋などを保守し、鉄路を維持する仕事を担ってきた。現在は仙建工業株式会社の代表取締役社長として、これまでの経験を活かし、鉄道だけにとどまらず広く社会を支える施設の建設も担う同社を率いる。

閉じる
思い出写真館
久能 和夫(くのう かずお)

久能 和夫(くのう かずお)

仙台大学 体育学部子ども運動教育学科 学科長

子どもの頃のことで、懐かしく思い出すのは岩手県山田町の小学校時代です。私は昭和27年に福島県の白河に生まれましたが、父の転勤で岩手に行きました。気性の荒さと活気がみなぎる港町です。地元の言葉と違う話し方をすると「東京弁なんか話しやがって…」

閉じる
MONO創り人
永澤 裕子(ながさわ ゆうこ)

永澤 裕子(ながさわ ゆうこ)

折り本作家

ねぇねぇ、びっき先生、知ってる?。週刊雑誌の連載漫画でね、朝日ケ丘学園っていう学校が舞台。主人公の名前は川津先生。かわずは蛙だから、びっき先生って呼ばれてる。すっごく純情で熱血。一生懸命でいいんだけど、奇麗な人と出会うと、まるでめろめろ。

閉じる